かつては優位だったパソコンも現在ではその機能が少しずつテレビ側に移行しており、利用頻度に変化が生じています。

テレビ時代劇の面白さ
テレビ時代劇の面白さ

テレビとパソコンの利用頻度に変化が生じる現在の事情

かつてグラフィカルユーザーインターフェースに優れたパソコンのOSが爆発的にヒットした際、パソコンはもはやテレビよりも面白いと言われていた時代がありました。しかし現在ではそのテレビには光ディスクレコーダーやハードディスクを始め、USBメモリーやデジタルカメラなど、まるでパソコンと言えるような機器を携える場合もあります。そもそも近年のテレビにはパソコン自体が接続可能ですので、もはやこの両者に分け隔てる物は無いかも知れません。

しかし今では、テレビの端子に差し込んで用いるスティック形状のネット端末が出現しています。その為メールの確認などの要素でありましたら、パソコンからそちらへと利用頻度が移り行くことも多々見受けられる事態になっています。どちらかと言いますとテレビの利用頻度が増えるケースも見受けられるようになっています。かつて娯楽やステータスのシンボルであったテレビが、現在では趣味の道具として欠かせない存在になってきているとも言えるでしょう。以前は現像に出していたカメラの写真に致しましても、現在ではテレビで手軽に見れます。編集や加工ではパソコンが長けていますが、見るだけでありましたら、現時点ではテレビの方が簡単と言えます。