乳幼児にとって、テレビはさほど影響を及ぼさず、周りの大人、子供との関わり合いがたいせつです。

テレビ時代劇の面白さ
テレビ時代劇の面白さ

テレビが乳幼児に及ぼす影響

子供を持つ主婦にとって、テレビが子供に与える影響はとても気になるものです。乳幼児にとってテレビは悪影響を及ぼすといわれがちです。しかし、最近の研究では、テレビは乳幼児の発達にさほど影響を、及ぼさないという結果が出てきました。

子供の語彙能力は、絵本を読んだ時間に関係が深く、テレビを見ていても、見ていなくても、絵本を読んだ時間が同じであれば、同じように語彙能力が発達していると言う結果でした。また、コミュニケーション能力は、外遊びなどで、友達や大人との関わりから学びます。なので、全くテレビを見せなくても、絵本の読み聞かせや、外遊びを全くさせなければ、能力は発達しません。もちろん、絵本や外遊びのみが、能力を発達させる訳ではなく、効果的なツールの一例です。

また、テレビが能力向上に全く役立たないかというとそうではありません。教育テレビなど有効なテレビ番組もあります。ただ、テレビを見せるだけではなく、それをコミュニケーションの道具とすることで、活用することができます。例えば、動物が出てきたなら、尻尾が長いね、などその動物の特徴をはなしあうなど。テレビを見る時間を気にするよりは、子供ときちんと向き合い、会話をすることが大切です。